周りの助けを借りる

もしも身近に新型うつの人がいたら

最近になってテレビのニュースや雑誌の特集などで良く知られるようになってきた新型うつ、それはすなわち身近になっている人が多くなってきている、そういうことにも繋がってくるのです。新型うつとはこれまでのうつ病とは違っていて、躁鬱状態が頻繁に起こる、もっといえば辛く苦しい場合は体調不良や具合が悪くなったりして、しかしながらそれらから遠ざかったり、自分が楽しいと思える者に対しては調子が良くなるのです。ある意味で誰でもそういうものはあるのですが、それが理性で押さえられなくなるのが新型うつで、これはれっきとした病気なので、精神論でどうこう言っても治るようなものではなく、医師による治療が必要となってくるのです。

誰でもなる可能性があるものなのです

そして新型うつは決して対岸の火事、他人事ではなく、何かの際に自分自身もそうなってしまう可能性が誰にでもあるのです。原因は未だ詳しくは分かっていませんが、精神的なものが関係していることは確かで、ストレスなどが大きく関わってきているのです。それゆえ生真面目な人ほどなりやすく、それゆえ最初の頃は戸惑ってしまい、どうしたらいいのか分からなくなってしまうのです。しかも自分が新型うつとは思わないので対処が遅れて、その結果として自分を追いつめてしまうことも多く、困ったことになってしまうのです 新型うつは誰でもなる可能性があるもの、もしもと思ったらすぐに病院に行って診察を受けるのがよく、初期に治療したほうが完治も早くなるのです。