周りの助けが必要

新型うつは確かな病気なのです

最近になって増えている新型うつ、テレビのニュースなどで耳にしたことも多いかもしれませんが、まだそれほど身近にあるものではないかもしれないです。新型うつとはうつ病でありパニック障害でもあるれっきとした病気なのですが、その内容が辛く苦しい時には体調や具合が悪くなる、しかしながら自分にとって楽しいことをする時は元気になるというものになるのです。これだけを聞くと怠け者とか思われそうで、実際にそう一部の人はそう思って偏見の目を向けることも多く、周囲の理解こそ必要となってくる病気であるのです。それゆえ新型うつは人によっては言いだしにくく、そのために治療が遅れて、大変なことになってしまうこともあるのです。

治療は周囲の手助けも大事です

新型うつの治療は投薬とカウンセリングで、時間をかけてゆっくりと治していくしか方法はないのです。ただし症状が極めて特殊であるために、なかなか病気だと認められず、勤めている場合は大変なことになることが多かったりするのです。そのため新型うつの場合は特に周囲の理解が大事になってきて、まだまだ一部しか知られておらず、しかも偏見を生み出しやすいものなので、認知してもらうことが治療にも繋がってくるのです。 そして新型うつは本人も辛いもので、確かに一見すると大変そうには見えないのですが、普通に暮らせないというのは厳しいものがあるのです。それゆえ周囲の理解を深めることが、新型うつの治療にも効果的になってくるのです。